7月 10

《 サイバー・ホメオスタシス・コーチング Part1》

《 えっ? 「認知科学」ってオワコンなの? Part4》の続きです。

でも、タイトルが変わっちゃいました。(^^;
続きではあるものの、内容ががらりと変わってしまうからです。

当初は、あまりこんな事になるってのは予想していませんでした。

今回からの話題は、

「サイバー・ホメオスタシス・コーチング」とはなにか?

につきます。
ということで、つづきは こちらから… どうぞ…

Posted in 「ライフ・コーチング」 | Leave a comment
7月 08

《ママニコを聴いてしまった 私たちにも使命があると感じます》

「ママにこにこコーチング」を受講してくださった
福島県で看護師をされている、K.Sさんから
ほんとうに素敵なメッセージをいただきました。
仕事が看護師さんという事で、
働くおかあさんの代表と言った感じですよね。

という事で、つづきは こちらから… どうぞ…

Posted in 「子育てコーチング」 | Leave a comment
7月 08

《 えっ? 「認知科学」ってオワコンなの? Part4 》

シリーズ第四回となる、今回は、
心理学や、認知科学にでてくる「ファンクショナリズム」という考えについて触れいています。

それを発端に、苫米地博士の「超情報場」にも触れていきます。

そして、それがコーチングとどう関係あるのか?

今回は、そんな内容となっております。

続きは、こちらから… どうぞ…

Posted in 「ライフ・コーチング」 | Leave a comment
6月 26

《 えっ? 「認知科学」ってオワコンなの? Part3 》

あれだけ見た目の違う犬の仲間たち…

どうやって、人間は「犬」だと判断しているのでしょうか?

コンピューターのプログラムでそれを判断させるには、
ひとつひとつ条件を論理式として書き出していかなければなりません。

その先に待っているのは、「無限の条件」です。

「認知科学」の限界のひとつがここにあります。
そこで登場するのが、認知科学者苫米地博士の
「超情報場仮説」
です。

「認知科学」の次のパラダイムである「超情報場仮説」とは?
続きは、 こちらから… どうぞ…

Posted in 「ライフ・コーチング」 | Leave a comment
6月 24

《 ここまで根深い 「スイマセン」文化 》

「ありがとう!」という感謝を表明する場面で、

「すいません」

と言ってしまっていませんか?
日本的な奥ゆかしさがあるとも取れますが、
コーチングという観点からも、ぜひ「ありがとう」を
多用していただきたいと思っています。

今回は、そんなお話です。

続きは、 こちらから… どうぞ…

Posted in 「ライフ・コーチング」 | Leave a comment
6月 23

《父:「虹だ!」 息子:「なにぃ?」》

五月のある日の夕方… でっかい虹がでているのに
わたくし気が付きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私:うぁ! 虹だ!

息子:なにぃ?

私:ほら、でっかい虹!

息子:なにぃ?

私:ほら、見て御覧、あそこ… 虹だよ!

息子:虹ぃ?

私:ほら、赤と青と橙と黄色といろんな色がみえるでしょぉ

息子:あかと? あおと? きいろと?… …
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ってことで、たぶん虹自体は初めてじゃないかもしれないけど、
会話をしながら… ちゃんと認識を合わせながら…
息子と虹を見たのは初めて…

さて、この会話がなににつながるのでしょうか?

続きは、 こちらから… どうぞ… (^^)b

Posted in 「子育てコーチング」 | Leave a comment
6月 19

《 えっ? 「認知科学」ってオワコンなの? Part2 》

シリーズのPart2です。

Part1はこちらからどうぞ…

えっと、「パラダイム・シフト」の話からでしたね。

トマス・クーンの著書「科学革命の構造」からの引用を使って、
まずは、「パラダイム」ってなに? って所から始めたいと思います。
「認知科学」に至るパラダイムシフト…
そして、「認知科学」からのパラダイムシフト…

パラダイムがどんなものかわからないと、
少々話がずれてしまうかもしれませんよね。

という事で続きは こちらから… どうぞ…
Posted in 「ライフ・コーチング」 | Leave a comment
6月 16

《本田圭佑選手に学ぶ「自尊心」のあり方》

サッカーのブラジルワールドカップからの話題です。

代表選手の一人、本田圭佑選手についての
ニュース記事がありましたので取り上げてみたいと思います。

記事のタイトルは

「自転車で毎日15キロ通った香川、本田は自尊心捨て陸上選手の教えを乞うた…」
(Livedoor ニュースから産経新聞の記事リンクです。リンク切れの場合はキーワード
で検索してみてくださいね。)
です。

さて、記事のタイトルになっている本田選手の自尊心…
本田選手は本当に自尊心を捨てたのでしょうか?

という事で 続きは こちらから… からどうぞ…

Posted in 「子育てコーチング」 | Leave a comment
6月 11

《 えっ? 「認知科学」ってオワコンなの? Part1 》

コーチングの師である、苫米地博士は、
「認知科学の時代は終わり」
と、最近の著書や、トークの中で発言してるんです。
このブログをお読みの方ならもしかして、
「えっ?それっていいの?」
「大丈夫なの?」
と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
それはそうですよね。
だって、苫米地式認定コーチのわたくしだって、
コーチングの特徴を説明するときには、
「認知科学の知見をふんだんに盛り込み……」
って使いますからね。

「認知科学が終わった」とはどういう事なんでしょうか?
という事で、づづきは こちらから… どうぞ…

Posted in 「ライフ・コーチング」 | Leave a comment
6月 03

《 今日のわが子には、もう二度と会う事はない… 》

歳の離れた従弟がいます。

母は6人兄弟の長女だったので、わたしが初孫…
じいちゃんには、ほんとうに可愛がってもらいました(^^)
その歳の離れた従弟は、母の弟の末っ子。
三人兄弟の一番下でした。

母の弟は長男だったので、いわゆる「跡継ぎ」です。
じいちゃんが帽子屋を営んでいたので、ほんとうに「跡継ぎ」。
じいちゃんとばあちゃんは、長男の結婚と同時に、
同じ敷地内に離れを建てて、そこで暮らしていました。

なので、わたしがじいちゃんばあちゃんの家に行くと、
当然、そこの長男-ま、わたしにとっては叔父さん-にも、
その家族にも会うわけですよね。(^^)

親戚の集まりは、だいたいじいちゃんばあちゃんの家なので、
その時は、叔父さん夫婦、叔母さん夫婦、従兄弟たち勢ぞろいなわけです。
総勢30名近くなるわけですから、そりゃもうすごい事になります(^^)

母の妹の旦那さんが魚屋さんを営んでおり、正月の集まりともなれば、
おいしい刺身をどっさり持ってきてくれて、楽しいひと時を過ごすことになるわけです。

件の歳の離れた従弟は、2歳くらいの時の印象が強く、
いつも、お気に入りのガーゼハンカチを肌身離さず持って、
母の実家を駆け回っていたのです。

その頃、わたしは多分小学校高学年か、中学生だったと思うのですが、
なにか片言で叫びながら、駆け回る姿をとてもかわいく思っていました。
しかし、小学校高学年~中学生ともなれば、友達と遊ぶ方が忙しいですよね(^^;
じいちゃんばあちゃんの家からも、自然と足が遠のきます。

じいちゃんばあちゃんの家に行ったとしても、母屋に住んでいる従弟には
会わなかったりもあったんだと思います。
年単位で会わなかった時があったんですよね。その従弟に…

どうなったと思います?

って事で、続きは こちらから… どうぞ… (^^)b

 

Posted in 「子育てコーチング」 | Leave a comment