《 えっ? 「認知科学」ってオワコンなの? Part3 》

あれだけ見た目の違う犬の仲間たち…

どうやって、人間は「犬」だと判断しているのでしょうか?

コンピューターのプログラムでそれを判断させるには、
ひとつひとつ条件を論理式として書き出していかなければなりません。

その先に待っているのは、「無限の条件」です。

「認知科学」の限界のひとつがここにあります。
そこで登場するのが、認知科学者苫米地博士の
「超情報場仮説」
です。

「認知科学」の次のパラダイムである「超情報場仮説」とは?
続きは、 こちらから… どうぞ…

This entry was posted in 「ライフ・コーチング」. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>