《 えっ? 「認知科学」ってオワコンなの? Part1 》

コーチングの師である、苫米地博士は、
「認知科学の時代は終わり」
と、最近の著書や、トークの中で発言してるんです。
このブログをお読みの方ならもしかして、
「えっ?それっていいの?」
「大丈夫なの?」
と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
それはそうですよね。
だって、苫米地式認定コーチのわたくしだって、
コーチングの特徴を説明するときには、
「認知科学の知見をふんだんに盛り込み……」
って使いますからね。

「認知科学が終わった」とはどういう事なんでしょうか?
という事で、づづきは こちらから… どうぞ…

This entry was posted in 「ライフ・コーチング」. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>