《 今日のわが子には、もう二度と会う事はない… 》

歳の離れた従弟がいます。

母は6人兄弟の長女だったので、わたしが初孫…
じいちゃんには、ほんとうに可愛がってもらいました(^^)
その歳の離れた従弟は、母の弟の末っ子。
三人兄弟の一番下でした。

母の弟は長男だったので、いわゆる「跡継ぎ」です。
じいちゃんが帽子屋を営んでいたので、ほんとうに「跡継ぎ」。
じいちゃんとばあちゃんは、長男の結婚と同時に、
同じ敷地内に離れを建てて、そこで暮らしていました。

なので、わたしがじいちゃんばあちゃんの家に行くと、
当然、そこの長男-ま、わたしにとっては叔父さん-にも、
その家族にも会うわけですよね。(^^)

親戚の集まりは、だいたいじいちゃんばあちゃんの家なので、
その時は、叔父さん夫婦、叔母さん夫婦、従兄弟たち勢ぞろいなわけです。
総勢30名近くなるわけですから、そりゃもうすごい事になります(^^)

母の妹の旦那さんが魚屋さんを営んでおり、正月の集まりともなれば、
おいしい刺身をどっさり持ってきてくれて、楽しいひと時を過ごすことになるわけです。

件の歳の離れた従弟は、2歳くらいの時の印象が強く、
いつも、お気に入りのガーゼハンカチを肌身離さず持って、
母の実家を駆け回っていたのです。

その頃、わたしは多分小学校高学年か、中学生だったと思うのですが、
なにか片言で叫びながら、駆け回る姿をとてもかわいく思っていました。
しかし、小学校高学年~中学生ともなれば、友達と遊ぶ方が忙しいですよね(^^;
じいちゃんばあちゃんの家からも、自然と足が遠のきます。

じいちゃんばあちゃんの家に行ったとしても、母屋に住んでいる従弟には
会わなかったりもあったんだと思います。
年単位で会わなかった時があったんですよね。その従弟に…

どうなったと思います?

って事で、続きは こちらから… どうぞ… (^^)b

 

This entry was posted in 「子育てコーチング」. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>